尊敬する人を問う転職面接の質問には身近な人を

転職,面接,尊敬する人

転職の際の面接で聞かれる質問には多数あり、質問集やそれに対する回答集のようなものまでが本屋で見受けられるほどになっています。そういった中で比較的話題となりやすい難問として尊敬する人は誰ですかという質問があります。本当に心から尊敬する唯一の人がいればそれでよいのですが、そうでない限りはこの質問に的確に答えることはかなり難しいものです。ノーベル賞受賞者や総理大臣、大統領や企業の社長や創設者といった人々を挙げるとあたかもよい回答のようにも考えられますが、それはただの憧れのようにも感じられてしまったり、この面接のために本を読んで勉強してきたものと考えられてしまったりしがちです。転職活動では尊敬する人として選ぶのは最初の会社を斡旋してくれた人でもよいでしょうし、両親でも良いでしょう。もう少し身近な人を例にとって具体的な経験をもとに話をした方が実感が湧きやすく、絵に描いたようなことを言っているわけではないということが伝わります。そして、そのエピソード次第では人間味や感謝の気持ちなど、言葉では表せないようなものを適切に伝えることが可能であり、そこに面接者の個性と秘めた人間性や能力を浮き出させることができるのです。 439

転職面接で適切と思われる志望動機の長さについて

転職,面接,尊敬する人

転職先の企業選考では、「集団面接」や「個人面接」など、さまざまな手法が使われていますが、どちらにも共通して考えておくべきことがあります。それは質問に対する「答え」の適切な長さです。人は、他人の話を聞くときに、「ちょうどよい」と判断する場合と、「短すぎる」もしくは「長すぎる」と判断する場合があります。それは、話の「長さ」と「間」の取り方です。特に志望動機を伝える場合は、企業への転職意欲が高く、伝えたい想いが溢れ過ぎてしまうことで、話がまとまらず、結果、採用担当者に想いが伝わらなという事態を招きかねません。そこで、志望動機を伝える場合の時間に気を付けておきましょう。一度に話をするときは「60秒から90秒」を目安にします。どんなに長くても一度に話をする時間は「90秒」までとします。これ以上、話をすると、人は、話の全容をつかむことができません。そのため、どれだけ想いを伝えたとしても「結局何の話だったのかわからなかった」と言われてしまうことになるのです。そのため、90秒以内に話を収めることが重要です。文字数にすると300字〜400字くらいです。転職を希望する企業の面接に臨む前には、質問を予測し伝えるべき回答を紙に書き出し、声に出して読みながら時間を確認しておくことが重要です。 440

更新履歴